木型から作る靴づくり第45回_遂にフィッティングシューズ完成

木型から作る靴づくり第45回_遂にフィッティングシューズ完成

仮靴完成までのラストスパート

全開接着したゴムのソールの余分をナイフでトリミングし、サンドペーパーで仕上げていく。

ある程度ヤスったら染料を塗っていく

コテを温めてロウを塗りこむ

余分なロウを布で拭き取って光沢を出す

出来上がり、木型を抜いて中敷を作って完成だが中敷を作る前に今週は時間切れに

木型は抜ける段階まで来たので、自宅に持ち帰り中敷なしで妻に履いてもらうことに

なんとか履けるようで一安心、足の計測が甘かったようで、全体的に緩めだった様子。土踏まず、かかとが緩いようで紐を閉め切った状態でも靴を脱げるぐらいのゆるさなので本番の前に木型を修正する必要がありそう。