自分の靴

1/2ページ
  • 2021.06.05

木型から作る靴づくり第62回_アッパーの仕上げ

アッパーもいよいよ仕上げに入る。ライニングの余分を切り取るために裏返してハサミで切り取る。 続いてアイレットを開けていく、型紙をもとに穴を開けるいちにポンチで痕をつけてみてバランスを確認する アイレットを開けたら吊り込むために羽根が閉じるように仮縫いしておく、二つ折りにして菱目打ちで穴を開け、針と糸で縫いつけていく タンを縫い付けるために、ゴム糊を使って仮止めしてミシンで縫い付ける インサイド側の […]

  • 2021.05.29

木型から作る靴づくり第61回_ミシン完了、アッパー完成までもう一息

前回の続き、終わっていなかった妻のアッパーのクォーターとバンプのつなぎ目の2本目を縫うところから 続いてライニングとアッパーを縫い合わせる。 ライニングとアッパーのセンターラインの位置を合わせた上でアッパーの履き口からライニングが5mmぐらい出るように位置調整をする。位置が決まったらクリップで仮押さえ ゴム糊を使ってライニングとアッパーの履き口を貼り合わせる これでミシンの準備完了 側面から一周ぐ […]

  • 2021.05.22

木型から作る靴づくり第60回_まだまだ終わらぬミシン

引き続きミシンの工程、苦労して作ったビーディングテープをアッパーに貼り合わせる、フェイシングのラインからカーブが終わる部分にかけてビーディングテープが綺麗にカーブに沿って貼れるように細かく切り込みを入れる下処理をする 端から3mmぐらい残して、短冊状に切り込みを入れる ゴム糊をアッパーとビーディングの両面にしっかりと塗って、貼り合わせていく 中心のラインがずれないようにクリップで固定して、裏面から […]

  • 2021.05.15

木型から作る靴づくり第59回_ミシンのつづき

前回の続きからアッパーのカカトを縫い合わせる 妻の靴がなぜかアウトサイドとインサイドのカカトの長さが合わない… パターン作成時の木型へのあわせ方が不味かったのだろうか??取り敢えず木型に合わせた感じだと革の長さが足りないということもなさそうなのでこのまま進めることに 馬を使ってしっかりと広げた後 補強のテープを貼って補強のステッチを入れる 縫った糸の処理の部分とか補強テープの貼り付ける […]

  • 2021.05.08

木型から作る靴づくり第58回_いよいよミシン

ビーディングのスカイビング地獄を抜けてようやくミシンの工程に到達。 2年ぶりの工程でミシンのセットアップの仕方から教わることに… まずはパーツをはり合わせるところから ゴム糊を使ってライニング、タン、フェイシングの芯を貼り合わせる フェイシングの芯は3mmずらして貼り合わせる タンは中心部にだけ糊を塗って、腕に押しつけながらカーブさせた状態で貼り合わせる こちらが自分の靴 こちらが妻の […]

  • 2021.04.03

木型から作る靴づくり第57回_ビーディングテープのスカイビングに大苦戦

アッパーのスカイビングも大きな失敗なく進み、次の工程はビーディングテープ。 アッパーと同じバッファローレザーからビーディングテープを切り出す。 まずはブラック 次はネイビー まずはエッジをゼロになるようにスカイビングする一気にやると失敗するのでちょっとずつ慎重にスカイビングしていく 2年ぶり?ぐらいになるビーディングテープのスカイビングに大苦戦、薄い革のスカイビングはナイフコントロールが難しくて大 […]

  • 2021.03.13

木型から作る靴づくり第56回_スカイビング本番

前回自分の靴でスカイビングを練習、2年ぶりぐらいの作業でなかなか満足のゆく出来とは行かなかったが前回の失敗の経験を活かしていよいよ妻の靴のスカイビングに入る。 まずはディバイダーでアッパーに縫い目のラインをマーキングしていく まずはライニングのバンプから 続いてクォーター そしてアッパー ナイフの切れ味が落ちないようにこまめに研ぎを加えて行ったのと一度自分の靴で練習をしたことが功を奏したのか、大き […]

  • 2021.02.27

木型から作る靴づくり第54回_スカイビングの下準備

クリッキングしたアッパーの革をスカイビングするために基準となるレフトアウトサイドの型紙からスカイビングの基準線を写し取っていく妻の靴と自分の靴を2足同時に作っていくため時間短縮のために今回は自宅で作業を進める 一通り基準線がかけたらスカイビングに移る まずは余った革で練習 自宅でスカイビングできるように一通りの道具も買い揃えた。工程に合わせて必要な工具を買い足して自宅でも靴が作れる環境を少しずつ整 […]

  • 2021.02.21

木型から作る靴づくり第53回_バッファローレザーのクリッキングの続き

前回の続きでクリッキングを再開 ライニングを切ってしまった後に判明したのだが、クウォーターの型紙は木型に合わせた後かかと芯を入れる隙間を作るために3mm分継ぎ足す必要があるのを忘れていた。アッパーを切り出す前に型紙を急遽修正することに すでに切り出してしまったライニングの方は廃棄するのは勿体無いので本来よりも芯を入れるポケットは小さくなってしまうがそのまま使うことにした。 修正したクウォーターの型 […]