木型から作る靴づくり第40回_ヒールを積む下準備

木型から作る靴づくり第40回_ヒールを積む下準備

前回マッケイ縫いが完了したことで仮履完成がようやく見えてきた。

あとはソールにゴムを接着してヒールを積んだら完成となる

まずはゴムソールを貼り付けるための下準備としてマッケイ縫いの糸をボーンを使って溝にしっかりと押し込みレザーソールの出っ張りをなくす

続いてソールの型紙を作っていく、レディースシューズなのでヒールを華奢に見せるために先端に向かって小さくなるようにテーパをつけることに

5mm間隔で小さくしていき、4枚分積み上げる

型紙が完成したのでヒールを接着するために接着面をガラスで削って表面をよく荒らして接着材がのりやすいように下準備

履いてるうちに縫い付けていないヒール部分が剥がれて来ないように、11mmの釘を打ち込み固定しておく、釘を打ち込む前に革を濡らしてから打ち込むことで、釘をあえて錆びさせて抜けづらくする。

さらに釘締めで上から打ち込んで、釘をしっかりと食い込ませる

本日はここまでで時間切れ